【最新】おしゃれなメダカの水槽 おすすめ10選!ボトリウムとは?流木レイアウトも紹介

スポンサーリンク

みなさん、最近の改良メダカの美しさを知っていますか?

ひと昔前は単色の子が多かったですが、最近は宝石のような表現のメダカも珍しくありません。

そんな綺麗なメダカを、おしゃれな水槽に入れてリビングや自分の部屋に飾ってみて下さい。

睡蓮鉢であれば、屋内外どちらに置いてもおしゃれです!

一瞬にして、部屋が華やかになり

みなさんの日々の疲れを癒してくれますよ!

今人気のボトリウムであれば場所もとらず、かわいいレイアウトを楽しむことも出来ます。

今回は、みなさんにおすすめする「おしゃれなメダカの水槽10選」を紹介していきます。

ボトリウムや流木を使ったレイアウトもご紹介しますので、自分にあった水槽が見つかるでしょう。

では、楽しんでいってみましょう!

スポンサーリンク

☆参考記事☆ メダカ人気ランキング
[最新]王道が人気か?それとも高級メダカが人気なのか?メダカ人気ランキングTOP10

[最新/画像]王道が人気か?それとも高級メダカが人気なのか?人気ランキング/ふるさと納税も?
どんなメダカが人気か知りたいですか?ECサイトで人気の品種を画像付きで紹介!意外と色んな品種がセット売りされている商品人気。高級メダカに関してはふるさと納税も活用できる!(実質2,000円)/途中で著者おすすめのメダカも紹介しているので必見ですよ。
スポンサーリンク

おしゃれなメダカの水槽 10選

大き目の水槽もカッコイイですが、なかなか設置は大変ですよね。

今回は、少し小さめで手軽に楽しめる水槽を優先してピックアップしていきます!

竹と木でできたフレームに、ガラスの円筒。

一番の売りは、「回転台」です。

14.5センチと小ぶりで置き場所を問わないので、自分が目に付く色んな場所に設置が可能です!

色んな角度から、メダカが見れるのはポイントが高いですね。

金魚鉢タイプは、使いやすくて良いですね。

7.6リットルだと、水量も多めでメダカも安心して過ごせます。

下にソイルや砂利を入れて、小さめの水草をいれれば、簡単にレイアウト水槽の出来上がりです。

白メダカも良いですが、オロチや楊貴妃のような色付メダカが映えますね。

スタートアップでメダカも付いてくるのは嬉しい1品。

これの良いところは、外掛け式フィルターがついているところ。

フィルターがあれば水質の安定も早いので、おすすめです。

水量も5リットル入るので、ソイルなどを考慮しても4匹は間違いなく大丈夫ですね。

これは圧倒的におしゃれ優先!

これが家にあったら、雰囲気が一瞬で変わりますね!

注意する点は、水量!

水量を考えると、入れれるメダカは2匹かな。

オスとメスのペアを入れて優雅に泳がせるのが、最高でしょう。

これはLEDライトを搭載したインテリア水槽です。

実はフィルターもセットになっており、設置が簡単。

水量も7L程度入るので、5匹くらいは入れても問題なし。

そして、LEDライトは色を変えることが出来るので、自宅の雰囲気に合わせて調整が可能。

メダカはライトで見た目がかなり変わるので、多彩な表現を楽しむことが出来ますよ。

こちらも同じくLEDセットの水槽です。

これの売りは、上からの下からの照らせるライトです。

基本アクアリウムは上からのライトが一般的なので、意表をついた水槽です。

また、乾電池タイプなのでコードレスですっきり!

フィルターセットなので、水質管理も容易です。

シンプルかつコンパクト!

値段が安価なので手も出しやすいですね。

フィルターやライトなど、複雑な物が嫌いな方はおすすめです。

水量も4L程度なので、置き場所も困りません。

自分の好きな水草と一緒にアクアリウムが楽しめますね。

やはり、外に置くなら睡蓮鉢です!

陶器タイプは値段がはりますが、重さでしっかりしますし、見た目の重厚感が圧倒的に違います。

ホテイ草やスイレン、浮き草とも相性がいいのでメダカ飼育ではおすすめの水槽です。

屋外に置くスペースがあれば、検討の余地あり。

こういった小さい睡蓮鉢であれば、屋内の日が入るところに置くのがベスト!

直射日光じゃなくても、メダカも水草も元気に過ごしてくれます。

陶器の睡蓮鉢は、屋内レイアウトとの相性も良いのでぜひ検討して見て下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ボトリウムとは?

ボトリウムとは、ボトルとアクアリウムをかけた、造語です。

小さいボトルに水性生物、小魚やエビなどを砂利などと入れてレイアウトします。

これが可愛くて人気なんです!

小さいし、場所をとらないのも人気の理由ですね。

メダカの生魚を入れても良いですが、稚魚を入れるのも可愛いですよ。

ボトリウムは、メーカーがキットを出していますのでそれを使っても良いです。

凝って自分で作り上げたい方は、100円ショップでボトル、砂利、小物などを揃えると楽しいですよ。

是非、試してみて下さい。

次はボトリウムより、大きな水槽でのレイアウトを見ていきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

流木レイアウトの紹介

やはりレイアウトといえば、流木ですね!

流木はメダカが売っている場所にはだいたい、一緒に売られてますね。

ホームセンターの植物が売っている場所にもおいてあります。

小さいもので500円かれ1000円程度で購入できます。

種類や大きさによっては、かなり高額になることもあります!

あまり大きな物だと、水槽に入らなくなる可能性もあるので、サイズはしっかり測りましょう。

流木のアクはメダカにとって悪い物ではありませんが、

あまり入れすぎると、水量も少なくなるし、pHが傾くこともあります。

水質が安定しなくなる可能性もあるので、適切な流木の量でレイアウトしましょうね。

☆参考記事☆
流木のアク抜きは不要?方法 流木の種類や水槽レイアウト

流木のアク抜きは不要?方法 流木の種類や水槽レイアウト
流木を水槽レイアウトで活用する場合の注意点や実際の投入画像付で説明。流木はそのまま入れてはダメです。
スポンサーリンク

まとめ

今回は、おしゃれはメダカの水槽10選と、ボトリウムや流木レイアウトについて紹介しました。

<おしゃれなメダカの水槽 10選>
・各種、特徴がある
・自分が欲しい大きさを検討
・おしゃれなLEDライトが設置のものもある
・屋外は睡蓮鉢が圧倒的におすすめ

<ボトリウムとは?>
・「ボトル」と「アクアリウム」をあわせた造語
・可愛くて人気
・置き場所を選ばないのも人気の理由
・メダカの稚魚も入れても可愛い

<流木レイアウトの紹介>
・水槽レイアウトと言えば「流木」
・安いものであれば500円から1000円程度で購入可能
・水質を考慮し入れすぎには注意

今回は水槽にフォーカスをあてて紹介してきましたが、如何でしたでしょうか?

色んな水槽があって迷っちゃいますよね。

私はLEDで照らされたメダカも好きなので、LED設置派です。

ボトリウムは、1度試してみて下さい!

手軽に何度も試せるのは、ボトリウムのいいところですよ。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

飼育アイテム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ネドめだかをフォローする
ネド》めだかブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました